家電 配送

家電の配送を安くできる引越し業者の探し方

家電 配送

家電の配送

家電 送る

家電 運送

家電 配達

 

家電の配送が出来る業者はそんなにありません。
配送と言えば、宅配業者、引越し業者、郵便局などが考えられます。

 

郵便局は30kg以上の大きな家財は運ぶことができません。
なので、必然的に宅配業者か引越し業者に依頼することになってしまいます。

 

宅配業者の中でも、大きな家電を運んでくれるのは一部の大手会社だけです。
競争相手が少ない業種では、費用はやや割高になってしまいます。

 

そこでオススメなのが、ライバル会社の多い引越し業者なのです。

 

引越し業者は家電だけを運ぶというサービスも行っています。

 

引越し業者一括見積もりをすれば、簡単に相場はもちろん、1番安い業者を探すこともできますよ。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電を運ぶ場合は、床や壁を傷付けてしまうかもしれません。
引越し業者は、床や壁の保護をしながら運んでくれるので、安心です。

 

家電の配送は、引越し業者におまかせしませんか?
ぜひ一括見積もりをご活用くださいね。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの繁忙期と費用の関係

 

引越しの時期

 

引越し業界には繁忙期があります。
1年で一番引越し業者が忙しい時期、それは3月です。

 

3月の繁忙期になると引越し業者はスタッフを増員したり多めに仕事をして何とかこなそうとしますが、それでも引越しの依頼が多すぎる日は仕事を断ることもあるのです。

 

そんな時期ですから、通常期に比べて繁忙期は引越しの料金が高めに設定されています。
もちろん家財だけを送る費用も相対的に高くなります。
もし時期にこだわらないのであれば、繁忙期の引越しは避けましょう。

 

それでも繁忙期に引越ししなければならないのであれば、早めに引越し準備を行いましょう。
繁忙期でもどの会社も全く同額の引越し費用ということはあり得ません。
安い会社、高い会社は出ます。

 

早めに見積もりを取ることで多くの引越し業者からの返事が期待できます。
但し、新居の住所がわからないと正確な金額を見積もることができないので、新居が決まったらすぐがオススメです。

 

見積もりだけ取って満足し、いざ契約と思ったら予約が埋まっていたなんてこともあり得ます。
お気を付けくださいね。

 

 

 

クーラー 移動 冷蔵庫 郵送 引越し 費用 目安